2013年02月06日

冬の幼児に多い感染性胃腸炎 ロタウイルス

 ノロウイルスの流行からインフルエンザの流行へとシフトしていますが、私の身近な世界ではロタウイルスが流行っています。どうやら1歳5ヶ月の娘も ロタウイルスに感染したようです。


1 初期段階
嘔吐スタートです。大量ではなく、少量の胃液を何度も吐きます。
これまでは、嘔吐しても数回で収まり、その後は1時間くらい置いてから少しずつの水分補給でいけていましたが、おさまって水分補給をしたら すぐに嘔吐。とにかく いつもの嘔吐よりは明らかにひどかったです。


下痢は嘔吐とほぼ同じ時期に出ます。1回目は 既存の便がゆるくなっていて、とても臭い便でした。2回目はどろどろとした 女性のおりもののような便でした。


2 中期段階
しばらく嘔吐して やっと水分を少量ずつ与えることができましたが、だいぶしんどそうでした。でも 吐かれたらもともこもないから、少しずつ水分を与えました。これまで 子供の嘔吐がそこまで怖いという経験をしていなかったので、すぐに受診せずに 市の夜間診療に行きました。


3 受診
受診すると もう少し早く来てくれても良かったのでは? という感じでした。これまでの経験や ママ友と交わした感染性胃腸炎の会話を思い出し、大丈夫だと思っていたのです。受診は嘔吐は終ったけど 飲み薬を貰いたくて行ったようなものだったので、大きな病院に紹介状を書いてもらった時に、ちょっと冷せが出始めます。その病院では幼児への点滴はできないというのもあったんですが。。。


4 救急用の病院へ
紹介された病院に行くと、血液検査と点滴をしてもらいます。血液検査の結果、かなり脱水が進んでいました。本来なら 入院 だといわれましたが、口から飲めているということで、点滴をさらにもう一つ追加してくれて、次の日に再び病院に行くことになりました。その時、先生は与える水分について、スポーツドリンクも良いですし、OS-1 という経口補水液という 嘔吐した後の脱水に効果的な飲み物があることを教えてもらいました。病院の自動販売機に売っていたので、当日は二本買って帰りました。


長くなるので、続きは後日に書きます。
posted by 冬じたく at 03:25| Comment(0) | 感染性胃腸炎対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。